◆もやい結び bowline knot

もやい結び、ボーラインノット・bowline knot

もやい結びの特徴

・作った輪の大きさが変化しない
・強い負荷が加わっても結び目が崩壊しにくい。
・どんな太さのロープでも使える。
・覚えてしまえば簡単に結べる
・ほどこうとすれば簡単に解ける。
・色々な場面で使える。

結び方動画

もやい結びを、 色々な方法でやってみました。 船舶教習で習った基本の結び方から応用編・実技まで、 出来るだけ解りやすく解説させて頂いたつもりです。。。 アウトドア、船舶、レスキュー、登山、林業等、 様々な場所で使われている最強のロープワークです。 補強&強化もやい結びについても 動画の最後に解説させて頂きました。参考になれば幸いです。

動画

youtube 新チャンネル

結び方の工程(図解)

①メインロープに対して輪を作る。
②出来た輪に下から先を通す。
もやい結び工程1 もやい結び工程2
③先の糸をメインロープの下にくぐらす。
④出来てる輪に上から通す。
もやい結び工程3 もやい結び工程4
⑤横から見るとこんな感じ。
⑥メインロープを引っ張って完成!
もやい結び工程5 もやい結び工程6完成

補強方法

余った先糸を、結びがあるロープに対して外側からハーフヒッチをかける。摩擦係数が増えるのでさらに外れにくい結びになります。
補強方法1 補強方法2
補強方法 完成

強化もやい結び

補強方法と同様に外側からロープに巻きつけます。根本の結び目を少し緩めてメインロープと並ぶ様に通します。メインロープと先糸、輪をしっかり引っ張って完成です。
もやい結び強化方法1 もやい結び強化方法2
もやい結び強化方法3 もやい結び強化方法4
強化もやい結び 完成  

最後に

この結び方は色々な事に使えます。杭に結んだり、水くみバケツ や スカリ に結んだりしています。また、仕掛けを作る時の アシスト としても使ってます。アウトドアにも使えますから、覚えておいて損はないですよ~(^^)/
使用例1持ち運びに 使用例2ノットアシスト
色々なロープで使用可能

道具を固定したり仕掛けを固定しておいたりするので、必ず何本かは道具箱に入れてます。
(アウトドア用がおすすめです)

ロープをAmazonで探す

ロープを楽天市場で探す



リールと結ぶ方法

ウキ止め結び

ブログタグ一覧