船から根魚釣り~カサゴ(ガシラ)・アコウ(キジハタ)狙いの仕掛けと釣り方~おすすめリグ・ワームなど色々ご紹介~

2020-01-15仕掛け作り

僕がよく行く大阪湾で、ボートからロックフィッシュ(根魚)を釣る時の仕掛けと釣り方をご紹介いたします。

釣行は基本的に夜間で、水深は10mまでのテトラ周辺や護岸エリアです。

地域や場所によって多少変わると思いますが、参考になれば幸いです。

ガシラ釣り しんや寿司 大将:若大将・富乃家 大将 あっくんと @Seamaster



メインターゲット

カサゴ(笠子)

関西ではガシラ、瀬戸内ではホゴ、九州ではアラカブ

関西ではガシラ、瀬戸内ではホゴ、九州ではアラカブ・・など地域によって色々な呼ばれ方があります。

英名:Marbled rockfish 引用:Wikipediaより

キジハタ

アコウ(キジハタ)

主に関西、瀬戸内海でアコウ・アコ(赤魚、茂魚)、山陰でアカミズ(赤水)、長崎県・福岡県等でアカアラ(赤荒)、愛知県でアズキマス(小豆鱒)と呼ばれる。

英名:Redspotted grouper、Hong Kong grouper 引用:Wikipediaより


他にも、タケノコメバルも釣れます。

タケノコメバル@4Seamaster

仕掛けとリグについて

1.イカ餌のテキサスリグ

ガシラをメインに数を狙う時に使用しているリグです。(アコウはほぼ釣れません)

カサゴ釣り~イカ餌用のテキサスリグ

カサゴ釣り~イカ餌用のテキサスリグ

テキサスロックとシンカーを通して、市販の針(ネムリ針)に本結びで繋げています。最後に発光玉を結び目に被せて保護しています。

イカ餌の付け方

ケンサキイカの切り身やスルメイカのゲソなど、スーパーで売れ残った物を保存し、適当な大きさにカットして使用しています。

ケンサキイカの切り身の付け方

長さは50~60mm前後

スルメイカのゲソの付け方

スルメイカのゲソは、特にエサ持ちが良く手返しが早いです。

※場所によっては根がかりしやすいので、お手頃なシンカーを使用しています。

※カエシは潰しておきましょう。口の皮が硬いので、針を外す際に苦労します。(手返しが悪いです)

2.クロー系ワームのテキサスリグ(ザリガニや海老の形)

ガシラがメインになりますが、動かし方次第でアコウも釣れます。

ガシラ・カサゴ狙いのテキサスリグ仕掛け

※クロー系ワーム特におすすめなのが、ベイトブレスのバイズクロー2.5インチ 赤系もしくはグローピンクです。

ベイトブレス バイズクロー2.5インチシリーズ

今まで色んなクロー系のワームを使用してきましたが、これが一番釣れてます。

高価ですがタングステンシンカーの方が感度がよく根がかりもし難いです。

※カエシは潰しておきましょう。口の皮が硬いので、針を外す際に苦労します。(手返しが悪いです)

3.スイミング系ワーム+テキサスリグ

ダックフィンシャッドR 3.5インチテキサスでアコウ(キジハタ)ゲット
アコウ(キジハタ)@Seamaster

アコウをメインに狙う時に使用しています。もちろんガシラも釣れます。

アコウメイン狙いのテキサスリグ

※スイミング系ワームで特におすすめなのが、ダックフィンシャッドR 3.5インチです。ピンクが一番実績あります。

3.5インチで掛かりが悪い時は2.5インチに落とします。

アコウを狙いつつガシラも欲しい時のリグです。

アコウ狙いのテキサスリグセット

大阪湾の一般的なカサゴのサイズは20~25cm程度なので、2.5インチがベストかもしれません。

NEW シャウラで41cmのアコウゲット

参考タックル:スピニング

・ロッド:shimano シャウラ 2621FF 改

・リール:shimano 2500番~3000番クラス

・メインライン:PE0.8~1号 100~150m

・リーダー:ナイロン16lb~20lb

or

ナイロン or フロロカーボン 6lb~12lb 100~150m

スイムベイト系

アコウをメイン+ガシラ(特大)を狙う時に使用しています。シーバスやチヌ・キビレなども釣れます。

フラットジャンキー ロデム4

鮃狂(フラットジャンキー)ロデム 4 18g

ヒラメ用のルアーですが、アコウ狙いにも有効です。どちらのカラーも釣れますが、夜間はピンク系が強いです。

フラットジャンキー ロデム4でアコウ キャッチ

根がかりを気にしなければ、こちらの方がキャッチ率は高いです。

参考タックル:ベイト

ロッド:6f前後のバーサタイルモデル(shimano 1652R

リール:キャスティング用 ベイトリール(画像はコンクエスト DC201

ライン:アプロードGT-R ULTRA 100m(16lb)

フリーリグ(フリリグ)

アコウ(キジハタ)ゲット!@Seamaster 2020.6.18.
フリーリグでアコウ(キジハタ)38cm@Seamaster

著者のフリーリグの拡大・詳細画像

↓詳細はこちら↓

胴突き仕掛け2~3本針

餌を使用してバーチカルに狙う時の仕掛けです。たまにマダコ(蛸)が釣れます。

hayabusa メバル・ガシラ仕掛け

※エサについて・・青イソメが確実ですが、キビナゴイカの切り身でも釣れます。

参考

アコウ(キジハタ)狙いの誘い方

スイミング系のワームでリフトアンドフォールを繰り返すのが基本です。

アタリのでかた

フォール時によくあたり、「ゴン!」とか「ドーン!」という強いアタリが出ますので、すかさずフッキングします。

中層付近のタダ巻きでも釣れることがありますが、ラッキー要素がありそうです。

フォール時のアタリを取れるか取れないかが釣果を左右します。

初めて挑戦した時は、一匹で終わりました・・(5打数1安打)

フォール時のアタリを取るためには、常にラインテンションが掛かってないと伝わってきません。

なので、テンションフォールでアタリに備えるのがキモになります。

アタリがあれば即フッキング!

キャプテン曰く、あたった瞬間にアワセないと乗らないらしく、バス釣りやガシラ釣りの様なアワセでは遅いと・・

× アタリ → 一呼吸(ラインスラッグを取る)→ フッキング
○ アタリ → 即フッキング

これが中々むずかしい・・^^;

テキサスリグ や ラバージグでの釣りが好きな著者は、どうしてもワンテンポ遅れてアワセてしまう癖があります。

今でもこの課題を完璧にクリアできません・・

釣行動画

YouTubeチャンネル

カサゴ(ガシラ・アラカブ)狙いの誘い方

テキサスリグでボトムバンピングシェイキングがおすすめです。

ボトムバンピング

  1. キャスト
  2. 着底させる
  3. ロッドを持ち上げルアーを跳ね上げ再び着底させる
底から1m位の範囲を動かすイメージです。跳ね上げた後、ストンと落とし着底させたら1~2秒程度ステイさせてアタリを待ちます。アタリがなければ、また跳ね上げる。これの繰り返しになります。

シェイキング

  1. キャスト
  2. 着底
  3. 竿先を小刻みにシェイク
底から50cm以内を探るイメージです。竿先を小刻みに動かすことで、ワームも小さく動きます。常に底を感じる事が大切です。ビーズを付けていると「カチカチ音が鳴る」ので誘いになると思い使ってます。

釣行動画

YouTubeチャンネル

持ち帰る方法について

ガシラとアコウを活かしたまま持ち帰り@Seamaster

船上ではライブウェル(生け簀)に入れておき、帰る際に鯵バケツエアポンプで生かしたまま持ち帰ってます。(釣れた場所で水を汲んでおきます)

ガシラを生かしたままお持ち帰り@しんや寿司

2019年2月4日:4人で約4時間の釣果(AM:1:00 ~ AM 5:00)

おまけ画像(イカ餌のテキサスリグで蛸が釣れたw)

イカのテキサスリグで蛸が釣れた。ガシラ釣り@Seamaster

参考になれば幸いです。

最後までご覧いただきありがとうございました。


ブログランキングに参加しています(^^)/
応援して頂けると励みになります。(^人^)

人気ブログランキング にほん ブログ村

>>みんなのアンケートはこちら♪<<



おすすめ記事