スピニングルアーロッドのトップガイドを交換したのでその方法をご紹介します。

2019-11-28ロッドメンテナンス, ガイド交換

今回交換するのはこちらのTOPガイドです。

TOPガイド交換

メインテナンス中にリングに傷を発見したので、即交換が必要になりました。



交換手順

  1. 古いトップガイドの取り外し
  2. 穂先の外径を調べる
  3. 新しいトップガイドの取り付け
  4. スレッドの巻きつけ
  5. コーティング
  6. 乾燥

ざっとですが、上記の様になります。

早速すすめていきます。

古いトップガイドの取り外し

アルコールランプでガイドの金属部分遠めから炙っていきます。

ガイド本体は金属なのでとても熱くなります。プライヤーなどを利用しましょう。

真っ直ぐ引き抜く力を加えながら炙っていきます。

炙りながら真っ直ぐ引き抜く

熱により接着剤が柔らかくなり抜き取ることが出来ます。

綺麗に抜き取ることが出来ました。

竿に残った接着剤を取っていきます。

残った接着剤を取ります

アルコールランプで遠めから炙りながら、カッターナイフで接着剤を剥がしていきます。刃の反対側で擦るようにする方が安全です。

カッターナイフで接着剤を取りました。

穂先の外径を調べる

取り付け予定のガイド(パイプ長)をイメージしながら赤枠付近の外径をノギスで測ります。

穂先の外径を調べます

矢印↑ のあたりで約1.75mm です。

ノギスで測定

シンワ ポケットノギス

新しいトップガイドの用意

今回用意したのは、こちらです。

PMNST 5.5 – 1.8

富士工業 PMNST5.5-1.8

画像:https://www.fujitackle.com/images/product/top-guide/06_MN_stain.pdf

パイプ内径が1.8mm の物です。

オーシャントップガイドと呼ばれており、糸絡みがしづらく足が付いているので、スレッドで竿に強力に固定できるタイプです。

Amazonで探す 楽天市場で探す Yahoo!で探す

※足がないタイプもあり、お使いの竿に合う物を用意してください。

新しいトップガイドの取り付け

仮合わせ

ガイドパイプの先端まで穂先が届く事を確認し、仮合わせします。

ガイドの仮合わせ

問題なく付く事が確認できたら、ガイドの向きを確認しながらグルーで仮止めします。

(温めたグルーをほんの少しだけ穂先につけてガイドを取り付けます。)

瞬間接着剤は剥がせなくなりますので使わない方が良いです。

はみ出たグルーをカッターナイフで切り取ります。

グルーが冷えて固まってから行います。

はみ出たグルー

切り取った状態

はみ出たグルーを除去

それでは、スレッドを巻いていきます。

スレッドの巻きつけ

こちらのスレッドを使用します。

カラーメタリックスレッド(レッド)

ニチリン カラーメタリックスレッド

Amazonで探す 楽天市場で探す Yahoo!で探す

 

巻きつけ工程はこちらでご紹介しています。

巻きつけ後

巻きつけ後

コーティング

コーティングに使う道具はこちら

ジャストエース エポキシコーティング剤

ジャストエース エポキシコーティング 剤(JEC-40)

Amazonで探す 楽天市場で探す Yahoo!で探す

トップガイドのみなので、1ml ずつで充分でした。

同量を1分以上しっかり混ぜ合わせます。(重要)

混ぜ合わせが不充分だと、乾燥しない・ずっとベタつくなど、この後の工程に重大な影響が出ます。

コーティング後

トップガイドコーティング後

乾燥工程

コーティングが均一になるように専用の道具を使います。

乾燥に使う道具はこちら

富士工業 フィニッシングモーター FMM2

FMM2で乾燥

FMM2で乾燥2

Amazonで探す 楽天市場で探す Yahoo!で探す

 

気温20度以上で約8時間乾燥。

釣行まで24時間は乾燥させる必要があります。

乾燥しているかどうかを確かめるには・・

同タイミングで、コーティング剤を汚れても良い紙に一滴垂らしておきます。

それを爪や楊枝などで確認すると良いと思います。

爪で「カチカチ」と音がする位に乾燥していれば、指の腹で触っても大丈夫です。

あとがき

スレッドの巻きは、慣れれば簡単です。

大事なのはコーティング剤の調合です。

きっちりと同量をしっかりと混ぜ合わせれば、失敗は少ないと思います。

参考になれば幸いです。


ブログランキングに参加しています(^^)/
応援して頂けると励みになります。(^人^)

人気ブログランキング にほん ブログ村

>>みんなのアンケートはこちら♪<<