【動画 超強力】マクラ付き本結びの結び方~針と糸を結ぶ方法~サビキ釣り&胴付き仕掛け用の結び方もご紹介♪

釣り糸の結び方

今回は、リクエストを頂いていた結び方のご紹介です。

枕付き本結び

自己流の結び方ですが、ネイル(釘)ノットと同じです。

先糸を斜めにカットすることで、ネイルが無くても通しやすくなります。

なので、細糸から太糸まで幅広く使用できる強力な結び方になります。

ハリのあるフロロカーボンラインだと簡単ですが、ナイロンラインでも※コツを掴めば可能です。(左手の抑えを緩める感覚)

後半では、サビキ仕掛け胴付き仕掛けなど「決まった長さのハリス」素早く本結びで結ぶ方法をご紹介しています。

参考になれば幸いです。



今回の動画の収録内容

  • 枕付き本結びの外観 0:14
  • 結び方(太糸 Ver.)1:10
  • 出来上がり画像(フロロ 2.25号)5:47
  • 結び方(細糸 Ver.)5:58
  • サビキ等 決まった長さのハリス用の簡単で早い結び方 9:45
  • 結び方の使い分け 13:10

結び方動画

タイムライン(時間)を付けていますので、お急ぎの方はポイントだけどうぞ

YouTubeチャンネル

結びのポイント

先糸を斜めにカットする

針先を斜めにカット

予め、先糸を注射針の様にカットしておくことで、糸を通しやすくなります。

枕(マクラ)の次から全ての巻糸に通します。

枕付き本結びの結び方

枕付き本結びの通す位置
先糸を着色してみました

枕付き本結びの結び目

一番右の赤い糸がマクラ(クッション)です。先糸が全ての巻きに入っているのが分るでしょうか。

しっかり湿らせて均等に締める

細い糸の場合は、そんなに気にしなくても締まると思いますが、

太い糸だと摩擦が大きいので、本線 → 先糸 → 本線 → 先糸 → 本線(最後)の様に、何度かに分けて締めると緩みづらい強力な結びに仕上がります。

出来上がり画像(色々サイズ)

太糸の場合

枕付き本結び(太糸)

枕付き本結び(太糸)

枕付き本結び(太糸)

中太糸の場合

枕付き本結び(中太糸)

枕付き本結び(中太糸)

枕付き本結び(中太糸)

細糸の場合

枕付き本結び(細糸)

枕付き本結び(細糸)

枕付き本結び(細糸)

説明動画内の使用道具

スミス(SMITH LTD) ピシーズ フィッシングプライヤー FP651

スミス(SMITH LTD) ピシーズ フィッシングプライヤー FP651
ステンレス製で15年以上使用。新品はスパイラルコードが付属しています。

Amazonで探す 楽天市場で探す Yahoo!で探す

下村工業 エクセルキッチンバサミ KB-301

下村工業 エクセルキッチンバサミ KB-301
極細PEでも極太ラインもスパンスパン切れる強力なハサミです。

Amazonで探す 楽天市場で探す Yahoo!で探す

あると便利な道具

タカ産業 ハンドプロテクター フリーサイズ

タカ産業 ハンドプロテクター フリーサイズ
佐藤のゴムゴムの代わりにおすすめしている物がこちらです。

Amazonで探す 楽天市場で探す Yahoo!で探す

関連ページ

参考になれば幸いです。


ブログランキングに参加しています(^^)/
応援して頂けると励みになります。(^人^)

人気ブログランキング にほん ブログ村

>>みんなのアンケートはこちら♪<<