FGノット改 FG knot kai

FGノット改

PEラインとショックリーダーを確実に結ぶ方法であるFGノットの改変版です。

【2009年】ルアー・マガジン ソルト9月号で紹介されていた方法です。

普通のFGノットと最初は同じですが、 ハーフヒッチを【同一方向のみ】で行います。

ハーフヒッチは、同一方向から巻きつけた方が、 結び目が密になって緩みづらいので、結束強度も強くなるそうです。

ハーフヒッチの方向を間違えることが無いので、 話しながらでも確実にノットが決まります。

出来上がりも綺麗なので気に入って使ってます^^
 

◆工程

・編みこみ10回~12回
・ハーフヒッチ(仮止め)
・本締め
・同一方向にハーフヒッチ7~10回
・リーダーをカットしライターでコブを作る
・本線のみにハーフヒッチ4~5回(同一方向)
・エンドノットでPEの支線を処理
・余分なPEをカットしライターでコブを作る。
※使用ラインによって若干回数が変わりますが、上記の回数より下回ることはしていません。

◆結び方動画

youtube 新チャンネル


◆使用道具

・PE4号(46lb)サンライン(SUNLINE)

バリバスのショックリーダーフロロ40ポンド

ターボライター(実釣時)

ラインカッター スミス PE シザース

・佐藤統洋氏のPE締め具(サトウのごむごむ)

サトウのごむごむ 佐藤のごむごむ


※↑ごむごむへの質問を頂きますが、入手困難らしいです。

友人にはこちらをオススメしております。

【TAKA/タカ産業】ハンドプロテクター フリーサイズ T-21
ネオプレーン素材。厚み4~5mm位。滑り止めゴムの様なしっかりした質感でGood!

Amazonで探す

楽天市場で探す


自己流な部分はありますが、多数の友人にご検証いただいて、オススメできる方法になっております。
風や揺れにも強いので、是非お試し下さい。

◆出来上がりの例

画像は全てFGノット改ですが、ほぼ同じ大きさになります。

Daiwa UVF エメラルダス 6ブレイド++Si 0.5号
SUNLINE Vハード 2.5号
FGノット改 Daiwa UVF エメラルダス  6ブレイド++Si  0.5号 150m + SUNLINE トルネード Vハード 2.5号 50m
シマノ パワープロ Z 100m 1.0号
バリバス VEPショックリーダー ナイロン 20lb  
FGノット改 SHIMANO(シマノ) パワープロ Z 100m PP-M42N ホワイト 1.0号 + モーリス(MORRIS) バリバス VEPショックリーダー ナイロン 20lb
バリバス VEPショックリーダー 30lb
SHIMANO パワープロ BOATGAME 150m 1.5号 
FGノット改 SHIMANO パワープロ BOATGAME 150m 1.5号 + モーリス(MORRIS) バリバス VEPショックリーダー ナイロン 30lb
SUNLINE スーパー PEライン 46lb
バリバス VEPショックリーダー 50lb 
FGノット改 サンライン(SUNLINE) ライン バス スーパー PEライン 70m 46lb + モーリス(MORRIS) バリバス VEPショックリーダー ナイロン 50lb

参考になれば幸いです。
最後までご覧いただきありがとうございました!

関連ページ

FGノットの結び方(通常版)

EZノッターを使用したFGノットの結び方



リールと結ぶ方法

ウキ止め結び

ブログタグ一覧